くちなしとジャスミンのあいだに

「くちなしとジャスミンのあいだに」 2017 映像二点、香水、くちなしで染めた糸、モーター 
「窓に陽の降る」 2017 紙、廃番になったオイルパステル
「夏の雨」 2017 紙、廃番になったオイルパステル
「ひかりのドローイング・雨#01」 2017 紙、鉛筆、LED、電子回路、電池、額
「ひかりのドローイング・雨#02」 2017 紙、鉛筆、LED、電子回路、電池、額
「ひかりのドローイング・木漏れ日#02」 2017 紙、鉛筆、LED、電子回路、電池、額
「ひかりのドローイング・木漏れ日#03」 2017 紙、鉛筆、LED、電子回路、電池、額

photographed by Tomas Svab

 個展タイトルと同名のインスタレーション作品は、作家が一年滞在したワルシャワで、ジャスミンの匂いがくちなしの匂いにとても似ていたこと、その匂いから想像するものは現地の知人たちとの間に差はあるが、しかしその違いを含みながらも何かを共有できた気がした、という経験をもとにしている。作家自身が街中の香水屋をまわり、次から次へジャスミンの香水を、蜂のように集めていく映像、もう一点の映像では、ワルシャワの夜の街を歩いてネオンを写真に収め、それをコラージュのように切り貼りして綴られたテキストが夜の街に映し出される。壁ではくちなしで染められた糸がゆっくりとまわりつづけ、 空間には映像の中で集められた香水が散布され、会場全体に匂いが漂う。